JCBカードローン 審査

もしもの時に持っておくと心強い一枚





ファーストローン?クレジット老舗【JCBのカードローンとは】

 

 

JCBと言えば、日本のクレジットカードの草分け的な存在です。

 

クレジットカードが利用できる年齢の人でJCBの名前を知らない人はいないですね。

 

国内トップクラスの加盟店数で全国的に普及しており、特に「飲食店ではJCBカードを持っていれば安心」というのが常識なくらい、個人経営の小さな寿司屋さんから政治家先生が通うような高級料亭まで幅広く利用されています。

 

 

JCBファーストローンプラスって、どんなカードローン?

 

 

文字通り、クレジット会社のJCBが発行するカードローンです。

 

保証人不要の無担保ローンで、事業資金以外なら用途は自由です。

 

利用可能額は50万円〜500万円で、実質年利は5.80%〜17.80%、年会費は無料です。

 

ローンカードと4桁の暗証番号で、コンビニや銀行など、全国15万台以上のCDやATMから現金を引き出すことができます。

 

又、クレジットカードの引き落とし口座への振込みする「キャッシング振込みサービス」も利用できます。

 

ファーストローンプラスのカードはキャッシングリボ払いのカードローン専用なので、クレジット機能は付帯していません。

 

 

整然と見やすいホームページで明朗解決!

 

 

JCBファーストローンプラスのホームページはとてもよく整理されているので、内容が非常に分りやすいのが特徴です。

 

カードローンの金利も限度額別に表になっているので一目瞭然!

 

某カードローンのような曖昧な表現は一切ありません。

 

入会方法から返済方式、返済シュミレーションなど、わかりにくい項目も丁寧に解説してくれているので、カードローンの勉強のためだけでも除いてみる価値はあると思います。

 

 

以外に厳しい?入会対象者の条件とは?

 

 

カードローンには、銀行が発行する銀行カードローンと消費者金融や信販会社が発行するノンバンクのカードローンがあります。

 

一般的に銀行カードローンは入会条件や審査が厳しく、ノンバンクは甘いというのが常識ですが、JCBファーストローンプラスには当てはまらないようです。

 

入会対象者の条件を観てみると、それがわかります。

 

年齢は20歳以上58歳以下と最高年齢が他のカードローンよりも低く設定されています。

 

個人の給与収入を示す書類が無い人(いわゆる個人事業主)もダメです。

 

これは絶対に事業資金へは使わせないということなのでしょうか?

 

学生、パート、アルバイトも対象外です。

 

つまり、公務員や会社員以外はダメということですね。

 

ノンバンクのカードローンではかなり厳しい条件だと思います。

 

このことからも、信頼のブランドという毅然としたポリシーが感じられますね。

 

 

選べる支払い方法

 

 

JCBファーストローンプラスの引き落とし日は、原則としてクレジットカードと同じ毎月10日です。

 

返済方法は「残高スライド元金定額払い」と「毎月元金定額払い」の2種類から選ぶことができます。

 

残高スライド元金定額払いとは、俗に言う「リボルビング払い」の一種で、カードローンの大半はこの方式で返済しています。

 

詳しい内容は後ほど説明しますが、毎月の元金返済額が残高に応じて変化するのが「残高スライド元金定額払い」で残高にかかわらず元金の返済額が一定の方式が「毎月元金定額払い」です。

 

返済には、この元金部分に利息が加算されます。入会時の返済方式は残高スライド元金定額払いですが、入会は毎月元金定額払いに変更することができます。

 

 

入会方法によって借入限度額が変わる?

 

 

JCBファーストローンプラスのユニークな点は、それだけではありません。

 

申し込み方法によって利用限度額が異なるという点も、他には例がありません。

 

ホームページへアクセスすると「50年円までの申し込み(オンライン申し込み)」と「500万円までの申し込み(入会申込書請求)」という2つの入会申し込みのバナーがあります。

 

50万円コースはオンライン完結で500万円コースは書類審査があるのか?と思ってホームページを読んでいくと、JCBファーストローンプラスに即日審査は無いようです。

 

ホームページの一番下に「入会までの流れ」という案内がありますが、どちらも「オンラインで住所、氏名などを入力」→「書類の受取り」→「必要事項を記入、本人確認書類収入証明書を同封の上返送」→「JCBで審査」→「カード発行、お届け」と行程は同じです。

 

カードが届く期間も、どちらも1ヶ月程度と同じなので、何が違うのかがよく分りません(笑)

 

 

最大のメリットはJCBのブランドイメージ

 

 

JCBファーストローンプラスには、即日審査、即日融資があるわけでもなく、銀行カードローンのような低金利でもありません。

 

では、何がメリットなのでしょうか?

 

やはり、日本のクレジット業界の草分け、日本トップクラスの会員数を誇る信頼と安心感があるブランドイメージが最大の武器だと思います。

 

同じノンバンクのカードローンの中でも、最もクリーンな印象がある好感度がメリットですね。

信頼性を「プラス」!JCBファーストローンプラス