カードローン キャッシング 違い

カードローン?キャッシングと何が違う?【カードの利用目的!】

 

 

クレジットカードとは?

 

クレジットとは「信用」という意味があり、クレジットカードはカード会社が契約者を信用して品物を購入する際の支払いを立て替えてくれるカードシステムです。

 

クレジットカード会社が契約者の収入や属性などを審査をして「この人なら大丈夫」と信用が獲得できたらカードを発行してもらうことができます。

 

一度クレジットカードを作ったら、カードの有効期限中の審査は不要です。

 

このように発行されたクレジットカードは商品を買うことが目的のカードなので、キャッシングはあくまで補助的な機能なのです。

 

 

カードローンとは?

 

カードローンもクレジットカードと同様に契約者を審査して信用できる人に発行するものです。

 

しかし、対象は「商品の購入」では無く「お金を借りること」です。

 

通常、金融機関からお金を借り際には、その都度審査を受けて担保を設定するべきなのですが、カードローンの場合は少額融資なので担保や保証人の設定はありません。

 

又、契約者は一度ローンカードを発行してもらったら、有効期限内はその信用が継続されるので審査を受けること無く、何度もお金を借りることができます。

 

 

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いは?

 

クレジットカードに付帯しているキャッシングは「クレジットカードのおまけ」としての機能なので、高額な借り入れはできません。

 

一方、カードローンは融資専用のカードなので、買い物の代金は支払えませんが高額な融資には対応しています。

信頼性を「プラス」!JCBファーストローンプラス