キャッシング カードローン

キャッシングよりカードローン?【融資を受けるにはどっち?】

 

 

クレジットカードにキャッシング機能が付いているから、カードローンなんていらないんじゃない?

 

そう考えるのもわかります。

 

しかし、深く掘り下げていると、カードローンとキャッシングは似ていますが違うものなのです。

 

これから、その違いを説明していきましょう。

 

 

クレジットカードのキャッシングとは?

 

クレジットカードは商品代金を立て替えて払ってくれるので、ショップで現金決済をしなくて済むためのカードです。

 

そのカードに付帯している機能にキャッシング枠があります。

 

キャッシング枠は契約者の意思で設定できるタイプが多く、契約後でも変更できます。

 

しかし、あくまでショッピングカードのおまけ機能なので、少額の借り入れが前提です。

 

利用限度額が数十万円と低く、返済も翌月一括払い(後からリボ払いに変更できるカードが多い)が多いです。

 

そのため、キャッシングでは利益が上がりにくいので、利息を高めに設定しているカード会社が多いようです。

 

 

カードローンは融資専用のカード

 

クレジットカードのキャッシングはショッピングカードにキャッシング機能が付帯したものなので、融資に関しては使い勝手が良くありません。

 

その点、カードローンは融資の為のローンなので、ショッピング機能はありませんが「お金を借りる」ことを前提に作られています。

 

融資額も高額で、返済回数も分割ローンができますから、ある程度まとまったお金を借りても心配ありません。

 

何より、キャッシングに比べて遙かに低金利です。このように「お金を借りることに特化したカード」がカードローンなのです。

信頼性を「プラス」!JCBファーストローンプラス